岸田劉生展2019の混雑状況は?前売りチケット・グッズ情報も!

岸田劉生展のチケットを安く購入する方法,東京ステーションギャラリーのリアルタイム混雑情報と周辺の渋滞情報,巡回日程,感想・口コミ,グッズの写真も掲載!!

「没後90年記念 岸田劉生展」は以下の日程で巡回して開催されます。

東京ステーションギャラリー:2019年8月31日(土)~10月20日(日)

山口県立美術館:2019年11月2日(土)~12月22日(日)

名古屋市美術館:2020年1月8日(水)~3月1日(日)

岸田劉生の絵画の道において、道標となる作品を選び、会期中150点以上の作品を基本的に制作年代順に展示することで、その変転を繰り返した人生の歩みとともに、岸田劉生の芸術を顕彰しようとするものです。このたび没後90年を迎えて、一堂に名品が揃います。

スポンサーリンク



岸田劉生(出典 wikipedia
岸田 劉生(きしだ りゅうせい、男性、1891年6月23日 – 1929年12月20日)は、大正から昭和初期の洋画家。父親はジャーナリストの岸田吟香。

1891年(明治24年)、薬屋「楽善堂」を経営する実業家、岸田吟香の四男として東京銀座に生まれる。弟はのちに浅草オペラで活躍し宝塚歌劇団の劇作家になる岸田辰彌。東京高師附属中学中退後の1908年(明治41年)、東京の赤坂溜池にあった白馬会葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に師事した。1910年(明治43年)文展に2点の作品が入選している。

1911年(明治44年)『白樺』主催の美術展がきっかけでバーナード・リーチと知り合い、柳宗悦・武者小路実篤ら『白樺』周辺の文化人とも知り合うようになった。劉生自身生前は『初期肉筆浮世絵』、『図画教育論』や、没後に出された随筆『美の本体』(河出書房)、『演劇美論』(刀江書院)など、多くの文章を残し、これらは『岸田劉生全集』(全10巻、岩波書店、1979年~1980年)にまとめられた。

1912年(明治45年)、高村光太郎・萬鉄五郎・斎藤与里・清宮彬・木村荘八らとともにヒュウザン会を結成、第1回ヒュウザン会展には14点を出品した。これが画壇への本格的なデビューといえる。鏑木清方に日本画を学んで同展覧会を観覧に来ていた小林蓁(しげる)と翌年7月に結婚をする。(なお、ヒュウザン会展は2回で終了し、1913年(大正2年)の第2回展ではフュウザン会と改称していた)。劉生の初期の作品はポスト印象派、特にセザンヌの影響が強いが、この頃からヨーロッパのルネサンスやバロックの巨匠、特にデューラーの影響が顕著な写実的作風に移っていく。1914年(大正3年)に娘の麗子が誕生、1918年以降に彼女をモデルとした多くの「麗子像」を描く。

東京展の開館時間・アクセス・駐車場

会場:東京ステーションギャラリー

展覧会の開催期間:2019年8月31日(土)~10月20日(日)
※会期中、一部展示替えがあります
(前期=8/31~9/23、後期=9/25~10/20)

休館日:月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)
(ただし、9月16日、9月23日、10月14日は開館。)

開館時間:10:00~18:00
(金曜日は20:00まで)
※最終入館は閉館の30分前まで

東京ステーションギャラリーへのアクセス・地図・駐車場情報
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
連絡先:03-3212-2485
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/access.html

半日無料でとめれる駐車場や 一日最大料金が100円の駐車場もある
駐車場予約・駐車場検索サイト特P
岸田劉生展に出かけるとき楽天トラベルを利用すると、お得になる可能性があります。

楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、取り敢えずチェックしてみるのもいいでしょう。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページは
https://travel.rakuten.co.jp/coupon/

また、楽天トラベルスーパーSALEが毎年3月、6月、9月、12月に開催されます。
このときは激安価格で国内外旅行ツアーが予約できたり、特別クーポンも発行されます。

大阪に巡回して開催される予定はありません。

岸田劉生展のチケット



「没後90年記念 岸田劉生展」のチケット料金

前売り券

一般900円
高校・大学生700円
中学生以下無料
※前売期間は2019年6月29日から8月30日まで

※東京ステーションギャラリー受付での前売券販売は8月18日までの開館日

団体券

一般800円
高校・大学生600円
中学生以下無料
※団体は20名以上

当日券

一般1,100円
高校・大学生900円
中学生以下無料
※障がい者手帳等持参の方は当日入館料から100円引き(介添者1名は無料)
・リピーター割引
本展の当日券か前売券の半券を受付にご提示いただくと、団体料金の金額でご入館できます。ご提示いただいた半券は回収します。他の割引との併用はできません。

・割引・キャンペーン情報はコチラ

岸田劉生展のチケットは東京ステーションギャラリーのチケット売り場以外にも、
CNプレイガイドローソンチケットセブンチケットe+(イープラス)などでインターネット購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると招待券が850円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクの岸田劉生展チケット出品状況はコチラ

ラクマの岸田劉生展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

岸田劉生展のイベント

記念講演会「岸田劉生の道」

日時:8月31日(土)19:00~20:30(18:30開場)

会場:東京ステーションギャラリー 2階展示室

講師:山田 諭(本展監修/京都市美術館学芸課長)

参加費:無料 ※閉館後実施のため、展覧会はご覧いただけません

定員:70名 事前申込制

申込方法:
7月27日(土)以降の開館時間中に電話[03-3212-2485]でお申込みください。
※定員になり次第受付終了

記念ツアー「#岸田劉生の場所いってみた」

このツアーでは、講師による解説を聞きながら、劉生ゆかりの場所を徒歩でめぐります。

日時:10月13日(日)10:30~12:30

集合場所:JR代々木駅 西口改札前 ※雨天決行、荒天中止

講師:山内崇嗣(アーティスト)

参加費:300円(当日徴収)

定員:15名(中学生以上) 事前申込制

申込方法:
7月27日(土)以降の開館時間中に電話[03-3212-2485]でお申込みください。
※定員になり次第受付終了

朝の鑑賞会

学芸員による開館前のギャラリートーク

日時:9月21日(土)、9月29日(日) 9:30~(約30分)※1階エントランス集合

参加費:無料(要別途入館料)

定員:各回25名 事前申込制

申込方法:
7月27日(土)以降の開館時間中に電話[03-3212-2485]でお申込みください。
※定員になり次第受付終了

岸田劉生展のグッズ

未分類
スポンサーリンク
snowblink