美を紡ぐ日本美術の名品展の混雑状況は?前売りチケット情報も!

美を紡ぐ日本美術の名品展のチケットを安く購入する方法も掲載!!

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」は東京国立博物館で開催されています。

「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝プロジェクト―」の一環として開催する特別展。皇室ゆかりの名品である狩野永徳筆「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の作である国宝「檜図屏風」を、同時公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品を、一堂に紹介する展覧会。

三の丸尚蔵館(出典 wikipedia
三の丸尚蔵館(さんのまるしょうぞうかん、英語: Museum of the Imperial Collections)とは、東京都千代田区千代田の皇居東御苑内にある博物館施設。宮内庁が所管する。

昭和天皇の死後の1989年(平成元年)6月に昭和天皇の遺族から寄贈され国庫に帰属した美術品を保存、研究、公開するための施設として、1992年(平成4年)9月に皇居東御苑内に建設され、1993年(平成5年)11月3日に開館した。

スポンサーリンク


開館時間・アクセス・駐車場

会場:会場:東京国立博物館 本館特別5室・特別4室・特別2室・特別1室(上野公園)

展覧会の開催期間:2019年5月3日(金・祝)~6月2日(日)

休館日:月曜日
(ただし5月6日(月・休)は開館、5月7日(火)は休館)

開館時間:9:30~17:00
(金・土曜日は21:00まで)
※最終入館は閉館の30分前まで

東京国立博物館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=113
※東京国立博物館には駐車場がありません。

大阪などに巡回して開催される予定は、現在のところありません。

所要時間

「美を紡ぐ 日本美術の名品」で展示されている作品は約40点です。

出品リストはコチラ

混雑状況にもよりますがササッと観るのであれば
1時間ぐらいで鑑賞できるとは思います。

じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況は「美を紡ぐ 日本美術の名品」公式サイト
トーハク(東京国立博物館)広報室の公式ツイッターに掲載される可能性がありますから
チェックしてください。

また、一般の方のTweetで混雑状況や待ち時間をチェックする場合は
「”美を紡ぐ” OR “日本美術の名品” 混雑 OR 混み OR 待ち」
などのキーワードでツイッター検索してください。

検索キーワードを入力するのが面倒な場合は、
以下のリンクで検索結果を表示してください。

リアルタイムのツイッター検索結果を表示
美を紡ぐ日本美術の名品展の混み具合が分かるTweetが表示されます。
一部 美を紡ぐ日本美術の名品展と無関係のTweetも含まれる場合があります。



 

美を紡ぐ日本美術の名品展のチケット

「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」のチケット料金

前売り券・団体券

一般1,000円
大学生600円
高校生300円
中学生以下無料
※前売券販売期間:2019年1月18日(金)~5月2日(木・休)

※団体は20名以上

当日券

一般1,100円
大学生700円
高校生400円
中学生以下無料
※障がい者とその介護者一名は無料です。
(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。)

※本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。

美を紡ぐ日本美術の名品展のチケットは東京国立博物館のチケット売り場以外にも、
展覧会オンラインチケットCNプレイガイドローソンチケットセブンチケットチケットぴあe+(イープラス)読売新聞オンラインなどでインターネット購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると無料観覧券700円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクの美を紡ぐ日本美術の名品展チケット出品状況はコチラ

ラクマの美を紡ぐ日本美術の名品展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

美を紡ぐ日本美術の名品の口コミ・感想

twitterでツイートされていた美を紡ぐ日本美術の名品展の口コミ・感想を抜粋してみました。

観光
スポンサーリンク
snowblink