ムンク展2018の混雑状況は?所要時間やチケット・グッズ情報も!

「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」は東京都美術館で開催されています。

ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される大回顧展。
複数描かれた《叫び》のうち、ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は今回が待望の初来日となります。愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返ります。

ムンク(出典 wikipedia

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch (ノルウェー語: [ˈɛdvɑʈ muŋk] , 1863年12月12日 – 1944年1月23日)は、19世紀-20世紀のノルウェー出身の画家。『叫び』の作者として世界的に有名で、ノルウェーでは国民的な画家である。

ムンクが代表作の多くを制作した1890年代のヨーロッパは世紀末芸術と呼ばれる時代であり、同時代の画家たちと同様、リアリズムを離れ、人間の心の神秘の追求に向かった。『叫び』に代表される作品には、説明し難い不安が通底しているが、ムンクが鋭敏な感受性をもって、人間の心の闇の世界を表現したものといえる。

ムンクが日本に最初に紹介されたのは、1911年(明治44年)6月号の『白樺』に銅版画『コラ (Cora)』の図版が掲載された時であった。その後、1912年(明治45年)4月号の『白樺』に、武者小路実篤が特集記事を書き、この号には図版も8点掲載された。

スポンサーリンク


開室時間・アクセス・駐車場

会場:東京都美術館 企画展示室

展覧会の開催期間:2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)

休室日:月曜日
(ただし、11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室)、
12月25日(火)、12月31日(月)、1月1日(火・祝)、1月15日(火)

開室時間:9:30~17:30
(金曜日、11月1日(木)、11月3日(土)は午後8時まで)
※最終入室は閉室の30分前まで

東京都美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
https://www.tobikan.jp/guide/
※東京都美術館には駐車場がありません。

「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」は大阪などに巡回して開催される予定はありません。

所要時間

「ムンク展」で展示されている作品は約100点です。

出品リストはコチラ(PDF)

音声ガイドの所要時間は約35分ですから、
混雑状況にもよりますがササッと観るのであれば
1時間ぐらいで鑑賞できるとは思います。

じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

音声ガイドのナレーションは声優の福山潤さん。

音声ガイド貸出価格は550円(税込)
音声ガイドの詳細はコチラ

参考までに所要時間が記載されているTweetを紹介します。



混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況は「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」公式サイトには
掲載されていませんが、公式ツイッターでTweetされているようです。

また、一般の方のTweetで混雑状況や待ち時間をチェックする場合は
「ムンク 混雑 OR 混み OR 待ち -from:munch2018」
などのキーワードでツイッター検索してください

検索キーワードを入力するのが面倒な場合は、
以下のリンクで検索結果を表示してください。

リアルタイムのツイッター検索結果を表示
ムンク展の混み具合が分かるTweetが表示されます。
一部 ムンク展と無関係のTweetも含まれる場合があります。

11月21日(水)、12月19日(水)、1月16日(水)はシルバーデーにより65歳以上の方は無料となるため、混雑が予想されます。



グッズ

ムンク展のグッズには展覧会図録,Tシャツ,トートバッグ,手ぬぐい,クッション,ルームシューズ,ぬいぐるみ,アートキーホルダー(ガチャ),iPhoneケース,ポストカード,マイクロファイバータオル,クリアファイル,ムーチョの叫び カラムーチョ,ムーチョの叫び すっぱムーチョ,オリジナルティーなどがあります。

ムンク展のグッズ情報はコチラ

ムンク展特設ショップはムンク展チケットがないと利用できません。
東京都美術館ロビーの無料エリアにあるミュージアムショップとは異なります。

チケット


チケット料金

一般1,600円
大学生・専門学校生1,300円
高校生800円
65歳以上1,000円
中学生以下無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
高校生は12月無料(学生証の提示が必要)

11月21日(水)、12月19日(水)、1月16日(水)はシルバーデーにより65歳以上の方は無料
(証明できるものを持参)

ムンク展のチケットは東京都美術館のチケット売り場以外にも、
公式オンラインチケットCNプレイガイドローソンチケットチケットぴあe+(イープラス)セブンチケットなどでインターネット購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると1,300円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクのムンク展チケット出品状況はコチラ

ラクマのムンク展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

口コミ・感想

twitterでツイートされていたムンク展の感想を抜粋してみました。

観光
スポンサーリンク
snowblink