フェルメール展2019大阪の混雑状況は?チケット・所要時間・グッズ情報も!

「フェルメール展」は以下の日程で巡回して開催されます。

終了 上野の森美術館:2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)

開催中 大阪市立美術館:2019年2月16日(土)~5月12日(日)

日本美術展史上最大のフェルメール展。
日本初公開を含むフェルメールの作品のほか、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、
ヤン・ステーンらの傑作を含む約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=6KHWCeun_3E

16日に開幕する「フェルメール展」を前に、大阪市立美術館では日本初公開となる「取り持ち女」などの展示準備が進んでいる。

ヨハネス・フェルメール(出典 wikipedia

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer オランダ語: [joːˈɦɑnəs vərˈmeːr], 1632年10月31日? – 1675年12月15日?)は、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の画家で、バロック期を代表する画家の1人である。映像のような写実的な手法と綿密な空間構成そして光による巧みな質感表現を特徴とする。フェルメール(Vermeer)の通称で広く知られる。本名ヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト (Jan van der Meer van Delft)。

フェルメールは、同じオランダのレンブラント、イタリアのカラヴァッジョ、フランドルのルーベンス、スペインのベラスケスなどと共に、バロック絵画を代表する画家の1人である。また、レンブラントと並ぶ17世紀オランダ黄金時代の代表画家である。

生涯のほとんどを故郷デルフトで過ごした。最も初期の作品の一つ『マリアとマルタの家のキリスト』(1654年-55年頃)に見られるように、彼は初め物語画家として出発したが、やがて1656年の年記のある『取り持ち女』の頃から風俗画家へと転向していく。現存する作品点数は、研究者によって異同はあるものの、33 – 36点と少ない。このほか記録にのみ残っている作品が少なくとも10点はある。

スポンサーリンク


東京展の開館時間・アクセス・駐車場

会場:上野の森美術館

展覧会の開催期間:2018年10月5日(金)~ 2019年2月3日(日)

休館日:12月13日(木)

開館時間:9:30~20:30
※1月1日(火・祝)~2月3日(日)は9:00~20:30
※最終入館は閉館の30分前まで

上野の森美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
http://www.ueno-mori.org/about/
※上野の森美術館には駐車場がありません。

大阪展の開館時間・アクセス・駐車場

会場:大阪市立美術館

展覧会の開催期間:2019年2月16日(土)~5月12日(日)

休館日:2月18日、2月25日、3月4日、3月11日、3月18日

開館時間:9:30~17:00
※最終入館は閉館の30分前まで

大阪市立美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-82
https://www.osaka-art-museum.jp/information/access
※大阪市立美術館には専用駐車場がありません。

東京と大阪の違い

展示作品

東京展と大阪展では展示されるフェルメールの作品が違います。

東京展では展示替えを含め9作品

・牛乳を注ぐ女
・マルタとマリアの家のキリスト
・手紙を書く婦人と召使い
・ワイングラス【東京展のみ】
・手紙を書く女【東京展のみ】
・赤い帽子の娘【東京展のみ】
・リュートを調弦する女
・真珠の首飾りの女【東京展のみ】
・取り持ち女

 

大阪展では6作品

・恋文【大阪展のみ】
・牛乳を注ぐ女
・マルタとマリアの家のキリスト
・手紙を書く婦人と召使い
・リュートを調弦する女
・取り持ち女

チケット

東京展では日時指定入場制で音声ガイド付きでした。
東京展のチケット料金(前売日時指定券)

一般2,500円
大高生1,800円
中小学生1,000円

当日日時指定券は+200円

 

大阪展のチケット料金(前売り券)

一般1,600円
大高生1,300円
中学生以下無料

当日券は+200円
音声ガイドは別途600円です。

所要時間

「フェルメール展」で展示されている作品は約50点です。

混雑状況にもよりますがササッと観るのであれば
1時間ぐらいで鑑賞できるとは思います。

じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

音声ガイドナビゲーターは女優の石原さとみさん。

音声ガイド貸出価格600円(税込)
音声ガイドの詳細はコチラ

「恋文」の音声ガイドは大阪展のみで聞ける特別ナビゲーション

参考までに所要時間が記載されているTweetを紹介します。



混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況は「フェルメール展」公式サイトには掲載されていませんが
混雑情報専用アカウントでツイートされるようです。

また、一般の方のTweetで混雑状況や待ち時間をチェックする場合は
「フェルメール展 混雑 OR 混み OR 待ち -from:vermeer_info」
などのキーワードでツイッター検索してください。

検索キーワードを入力するのが面倒な場合は、
以下のリンクで検索結果を表示してください。

リアルタイムのツイッター検索結果を表示
フェルメール展の混み具合が分かるTweetが表示されます。
一部 フェルメール展と無関係のTweetも含まれる場合があります。

Googleマップでもリアルタイムの混雑状況や交通情報をチェックすることができます。
大阪市立美術館の現在の混雑状況と周辺の渋滞状況はコチラ

スマートフォンの場合は
「Google Maps(グーグルマップ)」アプリで表示しないと
混雑状況が確認できないようです。

曜日ごとの混雑する時間帯もチェックできます。

https://support.google.com/business/answer/6263531?hl=ja
混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間は、Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーから集計した匿名データをもとに割り出されます。こうしたユーザーからの訪問データが十分に集まっていれば、お客様の店舗の混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間が表示されます。これらの情報はビジネス情報に手動で追加することはできず、お客様の店舗の訪問データが十分にある場合のみ表示されます。

最新の訪問情報はリアルタイムで更新され、混雑する時間帯のグラフに重ねて表示されます。

Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーのみが対象になっているデータですが、ある程度は参考になると思います。
Googleマップの情報はフェルメール展だけの混雑状況ではなく、
大阪市立美術館全体の混雑状況です。

大阪展

東京展(終了)



グッズ

フェルメール展のグッズには公式図録,タオルハンカチ,エプロン,バディバッグ,ワイングラス,ミルクメイドなどがあります。

フェルメール展のグッズ情報はコチラ

チケット


前売り券・団体(20名以上)

一般1,600円
大高生1,300円
中学生以下無料

 

当日券

一般1,800円
大高生1,500円
中学生以下無料
※障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)

チケットの詳細はコチラ

フェルメール展のチケットは大阪市立美術館のチケット売り場以外にも、
公式オンラインチケットローソンチケットチケットぴあイープラスセブンチケットCNプレイガイドなどでインターネット購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると1,600円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクのフェルメール展チケット出品状況はコチラ

ラクマのフェルメール展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

口コミ・感想

twitterでツイートされていたフェルメール展の口コミ・感想を抜粋してみました。

大阪展

東京展(終了)