出雲と大和展の混雑状況は?前売りチケット・グッズ情報も!

出雲と大和展のチケットを安く購入する方法,東京国立博物館 平成館の曜日ごとの混雑情報と周辺のリアルタイム渋滞情報,所要時間,感想・口コミも掲載!!

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」は東京国立博物館にて開催。

「幽」と「顕」を象徴する地、島根県と奈良県が東京国立博物館と共同で展覧会を開催し、出雲と大和の名品を一堂に集めて、古代日本の成立やその特質に迫ります。

スポンサーリンク



日本書紀(出典 wikipedia
『日本書紀』(にほんしょき)は、奈良時代に成立した日本の歴史書。日本に伝存する最古の正史で、六国史の第一にあたる。舎人親王らの撰で、養老4年(720年)に完成した。神代から持統天皇の時代までを扱う。漢文・編年体にて記述されている。全30巻。系図1巻が付属したが失われた。

『古事記』と異なり、『日本書紀』にはその成立の経緯の記載が一切ない。しかし、後に成立した『続日本紀』の記述により成立の経緯を知ることができる。『続日本紀』の養老4年5月癸酉条には、
「先是一品舎人親王奉勅修日本紀 至是功成奏上 紀卅卷系圖一卷」
とある。その意味は
「以前から、一品舎人親王、天皇の命を受けて『日本紀』の編纂に当たっていたが、この度完成し、紀三十巻と系図一巻を撰上した」
ということである。

また、そもそもの編集開始の出発点は、天武天皇が川島皇子以下12人に対して、「帝紀」と「上古の諸事」の編纂を命じたことにあるとされる。

開館時間・アクセス・駐車場

会場:東京国立博物館 平成館(上野公園)

展覧会の開催期間:2020年1月15日(水)~3月8日(日)
※会期中、一部作品、および場面の展示替を行います。
前期展示:1月15日(水)~2月9日(日)
後期展示:2月11日(火・祝)~3月8日(日)

休館日:月曜日、2月25日(火)
(ただし2月24日(月・休)は開館)

開館時間:9:30~17:00
(金・土曜日は21:00まで)
※最終入館は閉館の30分前まで

東京国立博物館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=113
※東京国立博物館には駐車場がありません。
※車椅子で来館の場合は東京国立博物館総務課までご相談ください。

半日無料でとめれる駐車場や 一日最大料金が100円の駐車場もある
駐車場予約・駐車場検索サイト特P
出雲と大和展に出かけるとき楽天トラベルを利用すると、お得になる可能性があります。

楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、取り敢えずチェックしてみるのもいいでしょう。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページは
https://travel.rakuten.co.jp/coupon/

また、楽天トラベルスーパーSALEが毎年3月、6月、9月、12月に開催されます。
このときは激安価格で国内外旅行ツアーが予約できたり、特別クーポンも発行されます。

大阪などに巡回して開催される予定はありません。



出雲と大和展の混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況は特別展「出雲と大和」公式サイト
公式ツイッターに掲載される可能性がありますからチェックしてください。

また、一般の方のTweetで混雑状況や待ち時間をチェックする場合は
「出雲と大和 混雑 OR 混み OR 待ち」
などのキーワードでツイッター検索してください。

検索キーワードを入力するのが面倒な場合は、
以下のリンクで検索結果を表示してください。

リアルタイムのツイッター検索結果を表示
出雲と大和展の混み具合が分かるTweetが表示されます。
一部 出雲と大和展と無関係のTweetも含まれる場合があります。
Tweetがない場合は、それほど混雑していない可能性があります。

Googleマップでも混雑状況や交通情報をチェックすることができます。
東京国立博物館 平成館の曜日ごとの混雑状況と周辺のリアルタイム渋滞状況はコチラ

曜日ごとの混雑する時間帯もチェックできます。

スマートフォンの場合は
「Google Maps(グーグルマップ)」アプリで表示しないと
混雑状況が確認できないようです。

https://support.google.com/business/answer/6263531?hl=ja
混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間は、Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーから集計した匿名データをもとに割り出されます。こうしたユーザーからの訪問データが十分に集まっていれば、お客様の店舗の混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間が表示されます。これらの情報はビジネス情報に手動で追加することはできず、お客様の店舗の訪問データが十分にある場合のみ表示されます。

最新の訪問情報はリアルタイムで更新され、混雑する時間帯のグラフに重ねて表示されます。

Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーのみが対象になっているデータですが、ある程度は参考になると思います。
Googleマップの情報は出雲と大和展だけの混雑状況ではなく、
東京国立博物館 平成館全体の混雑状況です。

 



グッズ

チケット



特別展「出雲と大和」のチケット料金

期間限定早割チケット

一般のみ 1,200円(税込)

販売期間:2019年10月5日(土)~11月4日(月・休)

前売り券

一般1,400円
大学生1,000円
高校生700円
中学生以下無料
※前売券は2019年11月5日(火)から2020年1月14日(火)までの間、展覧会公式サイト、各種プレイガイド、東京国立博物館 正門チケット売り場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)にて販売

団体券

一般1,300円
大学生900円
高校生600円
中学生以下無料
※団体料金は20名以上。

当日券

一般1,600円
大学生1,200円
高校生900円
中学生以下無料
※障がい者とその介護者1名は無料
(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)

※本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。

・「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1,600円を1,500円(100円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にてお申し出ください。

東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を1000円(200円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にて、キャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示下さい。

出雲と大和展のチケットは東京国立博物館正門チケット売場以外にも、
展覧会オンラインチケットLINEチケットCNプレイガイドローソンチケットチケットぴあe+(イープラス)楽天チケットYahoo!チケットなどでインターネット購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると無料観覧券が1,100円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクの出雲と大和展チケット出品状況はコチラ

ラクマの出雲と大和展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

所要時間

特別展「出雲と大和」で展示されている作品は約110点です。

出品リストはコチラ(PDF)

一部展示替えがあります。
前期展示:1月15日(水)~2月9日(日)
後期展示:2月11日(火・祝)~3月8日(日)

混雑状況にもよりますがササッと観るのであれば
1時間ぐらいで鑑賞できるとは思います。

じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

音声ガイドナビゲーターは俳優の橋爪功さん。
音声ガイドの詳細はコチラ



イベント

記念公演「雅楽・石見神楽」

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」を記念して、奈良県と島根県が伝統芸能の公演を実施。

日時:
2020年1月15日(水)
(1) 13:30~14:30
(2) 15:30~16:30
※各回開場は開演の30分前を予定

会場:東京国立博物館 平成館大講堂

出演:
おやさと雅楽会
江津市石見神楽連絡協議会

定員:380名(先着順)

聴講料:無料(ただし本展覧会の観覧券が必要。使用済の半券でも可。その場合は別途当日の入館料が必要)

記念講演会「古代の出雲と大和 ―『日本書紀』成立1300年」

日時:2020年1月18日(土) 13:30~15:00(13:00開場予定)

講師:佐藤信(東京大学名誉教授)

会場:東京国立博物館 平成館大講堂

定員:380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)

聴講料:無料(ただし本展覧会の観覧券が必要。使用済の半券でも可。その場合は別途当日の入館料が必要)

申込方法:
往復はがきでお申し込みください。往復はがきの「往信用裏面」に、(1)参加者全員(最大2名まで)の氏名・ふりがな、(2)代表者の郵便番号・住所、(3)代表者の電話番号を、「返信用表面」に代表者の郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記までお申し込みください。なお、申込はお1人(または1組)につき1通までです。

宛先:〒113-8730 日本郵便株式会社 本郷郵便局 私書箱16号
特別展「出雲と大和」講演会係行

※10月1日(火)の郵便料金改定に伴う、往復はがきの切手不足にご注意ください。

申込締切:2019年11月25日(月)必着

連続講座「出雲と大和」

出雲と大和展をより深く理解していただくための講座。2日間(全6講)ご参加いただける方が対象。

日時:
2020年1月24日(金)
・第1講 13:30~14:30
演題:「弥生絵画を鑑賞する―近畿と山陰地方の弥生絵画の比較を通して―」
講師:橋本裕行(奈良県立橿原考古学研究所 企画部企画課長)

・第2講 14:45~15:45
演題:「最新技術で眺める大和の古墳」
講師:西藤清秀(奈良県立橿原考古学研究所 技術アドバイザー)

・第3講 16:00~17:00
演題:「仏教の伝来と仏像の造像」
講師:皿井舞(東京国立博物館 平常展調整室長)

2020年1月25日(土)
・第4講 13:30~14:30
演題:「古代出雲における青銅器の特質」
講師:増田浩太(島根県立古代出雲歴史博物館 専門学芸員)

・第5講 14:45~15:45
演題:「日本海文化としての出雲の古墳時代―考古学から見た地域王国論―」
講師:河野一隆(東京国立博物館 調査研究課長)

・第6講 16:00~17:00
演題:「出雲大社巨大本殿と古代出雲世界」
講師:松尾充晶(島根県古代文化センター 専門研究員)

会場:東京国立博物館 平成館大講堂(受付開始は13:00予定)

定員:380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)

参加費:無料(ただし、本展覧会の観覧券が必要。半券でも可。その場合は、初日の入館料が必要。2日目は初日にお渡しする受講券でご入館いただけます。なお、受講券で特別展の観覧はできません。)

申込方法:
東京国立博物館ウェブサイトのフォームか往復はがきでお申込みください。
往復はがきの場合は、「往信用裏面」に①参加者全員(最大2名まで)の氏名・ふりがな、②代表者の郵便番号・住所・電話番号を、「返信用表面」に代表者の郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記申込先にお送りください。
※1回の入力もしくは1枚のはがきで、最大2名まで申込可。
※2名の場合は、それぞれの氏名を必ず明記してください。

申込先
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
東京国立博物館 教育講座室「連続講座」係

※10月1日(火)の郵便料金改定に伴う、往復はがきの切手不足にご注意ください。

申込締切:11月28日(木)必着

お問合せ:東京国立博物館 教育講座室 TEL.03-3822-1111(代)

口コミ・感想

twitterでツイートされていた出雲と大和展の口コミ・感想を抜粋してみました。

未分類
スポンサーリンク
snowblink