ジョジョ展大阪荒木飛呂彦原画展の混雑状況・所要時間・グッズ・チケット・感想

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」は以下の日程で巡回して開催されます。

国立新美術館:2018年8月24日(金)~10月1日(月)

大阪文化館・天保山:2018年11月25日(日)~2019年1月14日(月・祝)
会期に先駆けて楽しめるプレビューデイは2018年11月23日(金・祝)、24日(土)に開催

『ジョジョの奇妙な冒険』が時を経ることで、作品そのものはもちろんのこと、その世界観や影響力が波紋のように拡がっていく様を、最大規模の原画枚数、関係資料をもとに、多角的かつ斬新な手法を取り入れた展示で展開。
30周年の集大成として、歴史に残る画期的な史上空前のJOJOの祭典となります。

https://www.youtube.com/watch?v=nnjCtVHxvHE

荒木飛呂彦(出典 wikipedia

荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 – )は、日本の漫画家。宮城県仙台市若林区出身。東北学院榴ケ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。本名、荒木利之(あらき としゆき)。

1980年(昭和55年)、「武装ポーカー」でデビュー(本名名義)。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。同作品は複数の部に分かれ、主人公や舞台を変えながら20年以上に渡って連載され続けており、シリーズ総計122巻(2018年7月現在)、発行部数は1億部(2015年12月時点)。その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている。

荒木は自身の絵柄についてルネッサンス美術、特にミケランジェロに影響を受けたと公言しており、「ジョジョ立ち」と呼ばれる独特のポージングもイタリア美術が発想の元となっている。また『ヴォーグ』などのファッション雑誌が好きで、1980年代のベルサーチやフランコ・モスキーノ(英語版)などが『ジョジョ』のファッションのルーツだと語っている。

スポンサーリンク


東京展の開館時間・アクセス・駐車場

会場:国立新美術館 企画展示室2E

展覧会の開催期間:2018年8月24日(金)~10月1日(月)

休館日:火曜日

開館時間:10:00~18:00
(金・土曜日はは21:00まで)
※最終入館は閉館の30分前まで

国立新美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/information/access/
※国立新美術館には駐車場がありません。

大阪展の開館時間・アクセス・駐車場

会場:大阪文化館・天保山(海遊館となり)

展覧会の開催期間:2018年11月25日(日)~2019年1月14日(月・祝)
※プレビューデイ2018年11月23日(金・祝)、24日(土)

休館日:会期中無休

開館時間:10:00~20:00
※最終入館は閉館の30分前まで

大阪文化館・天保山へのアクセス・地図・駐車場情報
〒552-0022 大阪市港区海岸通1-5-10
https://www.osaka-c-t.jp/access/

所要時間

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」は8つのゾーンによって構成されています。

1.ジョジョクロニクル
2.宿命の星 因縁の血
3.ハイ・ヴォルテージ
4.スタンド使いはひかれ合う
5.映像展示 AURA〈アウラ〉
6.ジョジョリロン
7.JOJO’s Design
8.新作大型原画「裏切り者は常にいる」

東京会場(国立新美術館)と大阪会場(大阪文化館・天保山)では、展示原画の一部を変更

音声ガイドの所要時間は約30分ですから、
混雑状況にもよりますがササッと観るのであれば
1時間ぐらいで鑑賞できるとは思います。

5時間滞在た人もいますし、
じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

音声ガイドナビゲーターは声優の恒松あゆみさん。

音声ガイド貸出価格は550円(税込)
音声ガイドの詳細はコチラ

参考までに所要時間が記載されているTweetを紹介します。



混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況は
「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」公式サイト
ジョジョ展の公式twitter には掲載されていないようですので、
「荒木飛呂彦原画展 OR JOJO展 OR ジョジョ展 混雑 OR 混み OR 待ち」
などのキーワードでツイッター検索してください。

検索キーワードを入力するのが面倒な場合は、
以下のリンクで検索結果を表示してください。

リアルタイムのツイッター検索結果を表示

JOJO展の混み具合が分かるTweetが表示されます。
一部 荒木飛呂彦原画展と無関係のTweetも含まれる場合があります。

またGoogleマップでも混雑状況をチェックすることができます。
大阪文化館・天保山の曜日ごとの混雑状況はコチラ
(JOJO展だけの混雑状況ではなく、大阪文化館・天保山全体の混雑状況です)

スマートフォンの場合は
「Google Maps(グーグルマップ)」アプリで表示しないと
混雑状況が確認できないようです。

https://support.google.com/business/answer/6263531?hl=ja
混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間は、Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーから集計した匿名データをもとに割り出されます。こうしたユーザーからの訪問データが十分に集まっていれば、お客様の店舗の混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間が表示されます。これらの情報はビジネス情報に手動で追加することはできず、お客様の店舗の訪問データが十分にある場合のみ表示されます。

Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーのみが対象になっているデータですが、ある程度は参考になると思います。
Googleマップの情報は荒木飛呂彦原画展だけの混雑状況ではなく、
大阪文化館・天保山全体の混雑状況です。

曜日ごとのデータを見ると
大阪文化館・天保山は火曜日が比較的空いているようです。

大阪展

東京展(終了)



グッズ

JOJO展のグッズには公式図録,クリアファイル,ポストカード,ポスター,日めくりカレンダー,ノート,ご朱印帳,6連メモ,トラベルステッカー,アートコースター,アートフレーム,USBカードスティック,タオル,ハンカチ,トートバッグ,ショルダーポーチ,名刺入れ,コインケース,手ぬぐい,ペーパーウエイト,ぬいぐるみ,根付ストラップ,フィギュア,スワロフスキーブレスレット,ブローチ,スマホケース,Tシャツ,高級複製原画などがあります。

荒木飛呂彦原画展のグッズ情報
http://jojoex-2018.com/goods/

チケット


チケット料金

一般1,600円
大学生1,200円
高校生800円
中学生以下無料
※障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名を含む)は無料
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)

荒木飛呂彦原画展のチケットは大阪文化館・天保山のチケット売り場以外にも、
ローソンチケット,全国のローソン・ミニストップ設置の「Loppi」で購入できます。

チケットは土日祝日及び年末年始期間(12/31(月)~1/4(金))のみ日時指定制となります。また各回ごとの数量限定販売ですので、早めに購入しておいたほうがいいでしょう。

大阪文化館・天保山チケットカウンターでは、平日のみ、10:00より平日券の販売を行います。但し、当日の状況により販売を中止する場合があります。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると1,300円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクの荒木飛呂彦原画展チケット出品状況はコチラ

ラクマの荒木飛呂彦原画展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

口コミ・感想

twitterでツイートされていたジョジョ展の口コミ・感想を抜粋してみました。