プログラミングスクール教室初心者におすすめは?

プログラミングスクール
プログラミングをマスターすれば就職活動も有利になりますし、趣味などのパソコンを使っての作業も効率よく進めることができるようになります。

手動でやると何時間も掛かってしまう作業も、プログラムを作成すればあっという間に終わってしまうことも。

プログラミングが出来るか出来ないかで有効活用できる時間が大幅に変わってきますので、IT業界に就職しない場合でも習得しておいて損はないですね。

スポンサーリンク


初心者にオススメのプログラミングスクール

パソコン操作がいまいち分かっていない場合は、対面形式のプログラミング教室がおすすめです。

最初はパソコンに関する言葉の意味が分からないため、オンラインのスクールではつまずきやすくなります。

普段からパソコンをあまり使っていないという人は思わぬところでパニクってしまうこともありますからね。

テキストを読んだり、動画を見ても理解できない部分が多いと、やる気も低下していきます。
不明な点をすぐに確認できるという点は学習を進める上で大きなポイントです。

スカイプを利用してオンラインで質問できるプログラミング教室でも、状況を相手に説明する必要がありますから、初心者だと難しい部分があるかもしれません。

分からないことが合った場合に、直接パソコン画面を見ながら指導してもらったほうが効率がいいです。

チョットしたトラブルで時間を使ってしまうのはもったいないですよね。

ある程度パソコンの操作が分かって、パソコンのトラブルも多少は自分で対処できるのであれば、オンラインのプログラミングスクールでOKです。

自分の今の状況でどのようなプログラミングスクールを選べばいいのか判断できない場合は、体験コースを受講するのがいいでしょう。
TechAcademy [テックアカデミー]では学習システムが全て1週間無料体験できます。
毎日8時間チャットサポートを受けることができますから、オンラインのプログラミングスクールがどのようなものなのか分かると思います。

無料体験を一度受講してみて、対面形式の学校を選ぶべきか判断しましょう。

プログラミング教室に通うのも大変ですから、自分のパソコンスキルに合わせて選んでください。

プログラミングスクールを選ぶ時に特に重視するポイントは、質問にリアルタイムで答えてくれるかどうかですね。

すぐに返答がないと、タイムロスが大きく時間の無駄になってしまいます。
また、回答が文章だけだと理解力も低下してしまいますので動画などで回答してくれるスクールであれば対面形式に近い環境となります。



独学でもマスターできる?

プログラミングは独学でも学ぶことができますから、一度独学でやってみて無理だったら学校に行ってみるというのもいいでしょう。

プログラミング教室に行くのは費用がかかりますからね。

ただ、なるべく早くプログラミングをマスターしたいのであれば、プログラミング教室に行くことをオススメします。

また、就職のためにプログラミングをマスターしたいのであれば、プログラミングスクールで受講したほうがいいです。
就職先を斡旋してくれる学校が多いですからね。
就職の実績をみて選ぶのもいいでしょう。

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール



プログラミング言語はどれを選べはいい?

どのような処理をしたいかによって選ぶプログラミング言語は変わってきますが、初心者の場合は選択基準が分からないと思います。

最初は簡単な言語でプログラミングとはどのようなものなのかを理解したほうがいいでしょう。

その後に処理によって言語を使い分けるようにしていきましょう。

初心者でも習得しやすいプログラミング言語としては、PHPがあります。
コードが正確でなくても動作してしまうこともあるため、初心者にとっては挫折しにくい言語です。
とにかく自分が書いたプログラムが動くという体験は大事です。

もちろんandroidアプリを作成したい場合や就職したい会社があるのであれば、目的にあった言語を選びます。

プログラムは書くだけではなく実際に実行して結果がどうなるのか確認する必要があります。
そのためには専用のソフトをパソコンにインストールし、必要に応じて設定の変更をしなければなりません。

最初はこの環境構築をするだけでも分からないことだらけで大変ですから、環境構築が簡単な言語を選ぶというのもありですね。

JavaScriptはchromeなどのブラウザがあれば開発環境が整いますから学習を始めるのが簡単です。

プログラミングは短期講座で習得可能か?

できるだけ短期で習得したいという気持ちは分かりますが、
実務レベルのプログラミングは短期では厳しいですね。

あくまでプログラミングとはどのようなものなのか、何ができるのかという概要的な部分を習得するものと考えたほうがいいです。

最初の入り口として考えたほうがいいでしょう。