ユージーン・スタジオ 新しい海 EUGENE STUDIO After the rainbow 東京都現代美術館

The Museum of Contemporary Art Tokyo (MOT) is delighted to present After the rainbow, the first solo exhibition in a Japanese museum of work from the EUGENE STUDIO. Based in Japan, the EUGENE STUDIO is headed by Eugene Kangawa, a promising young American-born artist who is the subject of growing international acclaim. As Kangawa was born in 1989, this will also be the first solo exhibition at MOT by an artist born during Japan’s Heisei era (1989–2019).
The EUGENE STUDIO has won praise in Japan and around the world for work shown at exhibitions including 89+ (2014, Serpentine Gallery, London), THE EUGENE Studio 1/2 Century later. (2017, Shiseido Gallery), The Centennial Exhibition of Shiseido Gallery (2018–2019), and de-sport (2020, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa). The studio’s freedom of conception across a wide array of activities have found admirers across the globe, with notable projects ranging from a collaboration with renowned American SF author Ken Liu to Phantosia, a 2019 installation at the National Art Center, Tokyo, in which Noh was performed in pitch darkness. In 2021, two short films debuted by the EUGENE STUDIO in the United States were officially selected for showings at several international film festivals recognized by the Academy Awards, including the Pan African Film Festival.
After the rainbow will showcase two-dimensional works, large-scale installations, video, and sculptural works from the EUGENE STUDIO. From the acclaimed White Painting series (2017–) and Beyond good and evil, make way toward the wasteland (2017) to entirely new pieces, the exhibition will explore the perspectives, ideas, and philosophies that underlie the studio’s diverse body of work. These are not mere two-dimensional visions but works that instantiate our own existence within the environs and cycles of society as they sublimate a host of themes in parallel, from individual interests and art history to past phenomena and civilization itself. After the rainbow calls on us to find the wisdom we need at this turning point in history to turn our gaze away from expressions grounded in criticism or irony and toward the real as we propel ourselves into the future.

「ユージーン・スタジオ 新しい海 EUGENE STUDIO After the rainbow」は東京都現代美術館にて開催。

平面作品から大型インスタレーション、映像作品、彫刻作品等で構成され、代表作〈ホワイトペインティング〉シリーズ(2017年-)や《善悪の荒野》(2017年)から最新作までを一堂に会し、ユージーン・スタジオの多岐にわたる活動に通底する視点や発想、哲学を紐解くものです。

東京都現代美術館の新型コロナウイルス感染症予防対策の詳細はコチラ

寒川裕人(出典 wikipedia
寒川 裕人(かんがわ ゆうじん、Eugene Kangawa、1989年 – )は、日本の現代美術家。アメリカ出身。
ユージーン・スタジオは寒川裕人のスタジオ。都市やバイオテクノロジー、人工知能の研究開発への招聘やアメリカ三大SF賞を受賞した中国人小説家ケン・リュウとの共同制作、パリ・コレクションへの作品提供なども行う。それらの目覚ましい活躍で、光文社新書 『アート×テクノロジーの時代 社会を変革するクリエイティブ・ビジネス』(2017年)では、チームラボ、タクラムらと世界が注目する四社として書かれている。

開館時間・アクセス・駐車場

会場:東京都現代美術館 企画展示室 地下2F

展覧会の開催期間:2021年11月20日(土)~2022年2月23日(水・祝)

休館日:月曜日、12月28日~2022年1月1日、1月11日
※ただし、2022年1月10日、2月21日は開館

開館時間:10:00~18:00
※最終入館は閉館の30分前まで

東京都現代美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
TEL:03-5245-4111(代表)
https://www.mot-art-museum.jp/guide/access/
※駐車場料金:1時間300円 (以降30分ごとに150円)

最寄駅
・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2番出口より徒歩9分

・都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3番出口より徒歩13分

・東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

・都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

半日無料でとめれる駐車場や 一日最大料金が100円の駐車場もある
駐車場予約・駐車場検索サイト特P
ユージーン・スタジオ展に出かけるとき楽天トラベルを利用すると、お得になる可能性があります。

楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、取り敢えずチェックしてみるのもいいでしょう。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページは
https://travel.rakuten.co.jp/coupon/

また、楽天トラベルスーパーSALEが毎年3月、6月、9月、12月に開催されます。
このときは激安価格で国内外旅行ツアーが予約できたり、特別クーポンも発行されます。

混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況は「ユージーン・スタジオ 新しい海 EUGENE STUDIO After the rainbow」公式サイト
東京都現代美術館公式ツイッターに掲載される可能性がありますからチェックしてください。

また、一般の方のTweetで混雑状況や待ち時間をチェックする場合は
「ユージーン・スタジオ OR ユージーンスタジオ 混雑 OR 混み OR 待ち」
などのキーワードでツイッター検索してください。

検索キーワードを入力するのが面倒な場合は、
以下のリンクで検索結果を表示してください。

リアルタイムのツイッター検索結果を表示
ユージーン・スタジオ展の混み具合が分かるTweetが表示されます。
一部 ユージーンスタジオ展と無関係のTweetも含まれる場合があります。
Tweetがない場合は、それほど混雑していない可能性があります。

Googleマップでもリアルタイムの混雑状況や交通情報をチェックすることができます。
東京都現代美術館の現在の混雑状況と周辺の渋滞状況はコチラ

曜日ごと(土曜・日曜・平日)の混雑する時間帯もチェックできます。

スマートフォンの場合は
「Google Maps(グーグルマップ)」アプリで表示しないと
混雑状況が確認できないようです。

https://support.google.com/business/answer/6263531?hl=ja
混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間は、Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーから集計した匿名データをもとに割り出されます。こうしたユーザーからの訪問データが十分に集まっていれば、お客様の店舗の混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間が表示されます。これらの情報はビジネス情報に手動で追加することはできず、お客様の店舗の訪問データが十分にある場合のみ表示されます。

最新の訪問情報はリアルタイムで更新され、混雑する時間帯のグラフに重ねて表示されます。

Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーのみが対象になっているデータですが、ある程度は参考になると思います。
Googleマップの情報はユージーン・スタジオ展だけの混雑状況ではなく、
東京都現代美術館全体の混雑状況です。