ピエール・ボナール展2018の混雑状況は?所要時間やチケット・グッズ情報も!

「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」は国立新美術館で開催されています。

オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションのご協力を仰ぎ、130点超の作品で構成されるボナールの大規模な回顧展。
油彩72点、素描17点、版画・挿絵本17点、写真30点といったさまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。

ピエール・ボナール(出典 wikipedia

ピエール・ボナール(Pierre Bonnard, 1867年10月3日 – 1947年1月23日)は、ナビ派に分類される19世紀~20世紀のフランスの画家。

ポスト印象派とモダンアートの中間点に位置する画家である。版画やポスターにも優れた作品を残している。ボナールは一派の画家(ナビ派)の中でも最も日本美術の影響を強く受け、「ナビ・ジャポナール」(日本かぶれのナビ、日本的なナビ」と呼ばれた。また、室内情景などの身近な題材を好んで描いたことから、エドゥアール・ヴュイヤールと共にアンティミスト(親密派)と呼ばれている。

1893年(1894年とも)、後に妻となる女性、マリア・ブールサン(通称マルト)と出会う。これ以降のボナールの作品に描かれる女性はほとんどがマルトをモデルにしている。マルトという女性は、病弱な上に神経症の気味があり、また、異常なまでの入浴好きで、一日のかなりの時間を浴室で過ごしていたと言われる。実際、ボナールがマルトを描いた絵は、浴室の情景を表したものが多い。

スポンサーリンク


開館時間・アクセス・駐車場

会場:国立新美術館 企画展示室 1E [東京・六本木]

展覧会の開催期間:2018年9月26日(水)~12月17日(月)

休館日:毎週火曜日

開館時間:10:00~18:00
(金・土曜日はは20:00まで。ただし9月28日(金)、29日(土)は21:00まで)
※最終入館は閉館の30分前まで

国立新美術館へのアクセス・地図・駐車場情報
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/information/access/
※国立新美術館には駐車場がありません。

他会場に巡回して開催する予定はありません。

所要時間

「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」で展示されている作品は約130点です。

混雑状況にもよりますがササッと観るのであれば
1時間ぐらいで鑑賞できるとは思います。

じっくりと鑑賞したい作品もあると思いますので
時間に余裕があるときに行くことをオススメします。

音声ガイドナビゲーターは神田沙也加さん。

音声ガイド貸出価格は550円(税込)
音声ガイドの詳細はコチラ



混雑状況・待ち時間

待ち時間や混雑状況は「ピエール・ボナール展」公式サイトには
掲載されていないようですので、
「ボナール OR ピエールボナール 混雑 OR 混み OR 待ち」
などのキーワードでツイッター検索してください。

検索キーワードを入力するのが面倒な場合は、
以下のリンクで検索結果を表示してください。

リアルタイムのツイッター検索結果を表示

ピエール・ボナール展の混み具合が分かるTweetが表示されます。
一部 ピエール・ボナール展と無関係のTweetも含まれる場合があります。

またGoogleマップでもリアルタイムの混雑状況をチェックすることができます。
国立新美術館の現在の混雑状況はコチラ

スマートフォンの場合は
「Google Maps(グーグルマップ)」アプリで表示しないと
混雑状況が確認できないようです。

曜日ごとの混雑する時間帯もチェックできます。

https://support.google.com/business/answer/6263531?hl=ja
混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間は、Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーから集計した匿名データをもとに割り出されます。こうしたユーザーからの訪問データが十分に集まっていれば、お客様の店舗の混雑する時間帯、待ち時間、滞在時間が表示されます。これらの情報はビジネス情報に手動で追加することはできず、お客様の店舗の訪問データが十分にある場合のみ表示されます。

最新の訪問情報はリアルタイムで更新され、混雑する時間帯のグラフに重ねて表示されます。

Google ロケーション履歴を有効にしているユーザーのみが対象になっているデータですが、ある程度は参考になると思います。
Googleマップの情報はボナール展だけの混雑状況ではなく、
国立新美術館全体の混雑状況です。



グッズ

ピエール・ボナール展のグッズには展覧会図録,クロッキーブック,いげ皿,Tシャツ,トートバッグ,せんす,紅茶,あめ,アクセサリー,風呂桶,手ぬぐい,入浴剤,ビニールバック,アートソックス,コースター,メガネケース,飾りタイル,スマホリング,スマートフォンケース,ポストカード,額絵,A4クリアファイル,チケットファイル,一筆箋,メモ帳,卓上カレンダー,マグネット,ボールペン,YOJO TAPE,マルチクロス,根付,ピンズ,グラスなどがあります。

ピエール・ボナール展のグッズ情報
http://bonnard2018.exhn.jp/goods/

チケット



チケット料金

一般1,600円
大学生1,200円
高校生800円
中学生以下無料
※障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名を含む)は無料
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)
11月14日(水)~11月26日(月)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)

ピエール・ボナール展のチケットは国立新美術館のチケット売り場以外にも、
オンラインチケットセブンチケットローソンチケットチケットぴあe+(イープラス)イベンティファイなどでインターネット購入できます。

定価より安くチケットを入手したい場合は、
ラクマやヤフオクなどネットオークションに出品されていることもありますから、
チェックしてみてください。
ヤフオクの過去のデータを見ると1,200円ぐらいで落札されているようです。

ヤフオクのピエール・ボナール展チケット出品状況はコチラ

ラクマのピエール・ボナール展チケット出品状況はコチラ

金券ショップでもチケットを販売している場合があります。

展覧会のチケットは会期終了間近になると安くなるケースが多いです。

口コミ・感想

twitterでツイートされていたピエール・ボナール展の感想を抜粋してみました。