おすすめのカラコン(カラーコンタクトレンズ)は?人気や安全面も!通販は大丈夫?

すっぴんでもカラコンだけは外せない
という人も多いようですね。
そのため、1日中カラコンを付けていることになってしまいます。

カラコンは装着している時間が長いほど、
目の健康に悪影響を及ぼす可能性もありますから、
衛生面でも細心の注意が必要です。

目の病気になってしまい、
カラコンを付けることができなくなってしまうこともありますので、
少しでも目に違和感を感じたら
眼科で診察を受けるようにしてください。

ほっといた期間が長いほど病状が悪化して、
最悪の場合、失明してしまう可能性もあります。

通販で激安に購入できるカラコンもありますが、
品質が一定していないものもあるようです。
装着した時に違和感があったら使用しないようにしましょう。

もったいないと思うかもしれませんが、
目に傷がついたりしてしまった場合は、
もっと高額な治療費が必要になってしまいます。

激安の商品は、ある程度の割り切りで
購入したほうがいいと思います。

スポンサーリンク


初心者がカラコンを選ぶときの注意点

カラーコンタクトレンズにはいろんな商品があって
どれを選んでいいのか分からないという人もいると思います。

そこでカラコンを選ぶ時に確認するべき項目を紹介します。

レンズ直径(DIA)

これはカラーコンタクトレンズの大きさです。
カラコンのパッケージに表記されています。
通販で購入するときも商品の詳細のところに掲載されています。
初めてカラコンを付けるのであれば、
できるだけDIAが小さいものを選ぶようにしましょう。

レンズ直径が大きいと瞳を覆う面積も大きくなります。
そのため、酸素不足になりやすくドライアイになってしまう
可能性が高くなります。

初心者の場合は、小さいサイズから試していって
問題なければDIAが大きいものを試すというステップを
とった方が目のトラブルが起きにくいでしょう。

とはいっても、目の負担を考えればDIAが小さいものがおすすめです。
また、初心者にとってはレンズ直径が小さい方が装着しやすいです。

着色直径

カラーコンタクトレンズの色が付いている範囲です。
これが大きいほど黒目部分が大きくなります。

ミリ単位で印象が変化しますので、
ナチュラルに見せたいのであれば小さいサイズがいいでしょう。

いくつか着色直径の違うカラコンを試して、
自分に合ったものを選んでください。
できれば、客観的に見てくれる友人などに
印象を聞いたほうがいいですね。

ベースカーブ(BC)

レンズの球面の形状です。
BCの値が大きいほどユルイ球面のレンズになります。

残念ながらベースカーブ(BC)は自分で測定することはできません。
眼科できちんと測定してもらってください。

ベースカーブが合っていないカラコンを付けると
ゴロゴロするような違和感があったり、
目に傷が付いてしまうこともあります。

コンタクトレンズの購入が条件で
ベースカーブを測定する(処方箋を出す)眼科もありますから、
受診するときは事前に確認したほうがいいでしょう。



安全なカラコンは?

カラーコンタクトレンズは「高度管理医療機器」として、
薬事法の規制対象になっています。

そのため、日本でカラコンを販売するためには
国(厚生労働省)から承認を得ななければなりません。

高度管理医療機器(出典 wikipedia

医療機器は、その機器の人体等に及ぼす危険度に応じ、国際基準GHTFルールに基づき国際的なクラス分類がされている。日本では厚生労働省告示(薬事法第2条第5項から第7項までの規定により厚生労働大臣が指定する高度管理医療機器、管理医療機器及び一般医療機器 平成16年7月20日 厚生労働省告示第298号)により既存の医療機器が分類されている。

クラスI はもっとも人体への危険度が低いものであり、IVは副作用・機能障害などの不具合が生じた場合、人の生命・健康に重大な影響を与えるおそれがあるとして最も危険度が高いとされるものである。

高度管理医療機器及び特定保守管理医療機器(「高度管理医療機器等」という。)を一般もしくは医療機関に対して販売・賃貸・授与等を行うためには、医薬品医療機器等法第39条に基づき、「高度管理医療機器等販売業許可」が必要である。営業所ごとに許可を得る必要がある。許可権者は、営業所の所在する都道府県の知事である。

「高度管理医療機器承認番号」がカラコンのパッケージに
記載されていれば、日本の安全基準をクリアしている商品です。
「承認番号」として記載されているカラコンもあります。
ちなみに承認番号の表記がないカラコンは日本国内で販売禁止となっています。

カラコンを購入するときは「承認番号」があるかチェックするようにしてください。

カラコンの通販サイトには「個人輸入」された物など、
承認されていない商品を扱っているケースもありますから
注意するようにしましょう。

安全面でおすすめはワンデータイプ

安全性が高いカラコンはワンデータイプの商品です。

毎日清潔な新しいレンズを使用するわけですから、
2weekタイプのように長期間使用するカラコンより、
目の病気になるリスクが低く安全です。

保存液や洗浄液なども必要ありませんから
手軽に使用できます。
ただ、コストは高くなってしまう傾向にあります。

特に初心者の場合は、
自分にあったレンズ直径,着色直径などを把握するまでは、
多少高くてもワンデータイプがおすすめです。

最初に2weekタイプのカラコンを購入してしまうと、
失敗したときに余計にコストがかかってしまいます。



人気のカラコンランキング

流行や価格によって人気のカラーコンタクトレンズは
変動していきます。

初めてカラコンを購入する場合は、
長期的に安定して売れている商品を選んだ方が
無難だと思います。

ランキング上位のカラコンでも、
新商品の場合は不具合がある可能性もあります。

じっくり購入者のレビューを読んで選びましょう。
ステマの口コミも存在しますから、
できるだけ多くの感想を読んだほうがいいと思います。

参考までに大手通販サイトのカラコンランキングを紹介します。
長期的に販売されている商品かどうか判断するには、
一番古いレビューの日付を確認するといいでしょう。

楽天市場のカラコン・サークルレンズランキングはコチラ

Yahoo!ショッピングのカラーコンタクトレンズ人気ランキングはコチラ

日常生活で装着する瞳を自然に大きくみせる
コンタクトレンズをサークルレンズといい、
コスプレなどで装着するグリーンやブルーの
コンタクトレンズをカラーレンズといいます。

「高度管理医療機器承認番号」が記載されている場合でも、
品質に問題がある場合もあります。
目に違和感を感じたら無理して使用しないでください。