おすすめのカラコンは?人気ランキングや安全面も!通販は大丈夫?

すっぴんでもカラコンだけは外せない
という人も多いようですね。
そのため、1日中カラコンを付けていることになってしまいます。

カラコンは装着している時間が長いほど、
目の健康に悪影響を及ぼす可能性もありますから、
衛生面でも細心の注意が必要です。

目の病気になってしまい、
カラコンを付けることができなくなってしまうこともありますので、
少しでも目に違和感を感じたら
眼科で診察を受けるようにしてください。

ほっといた期間が長いほど病状が悪化して、
最悪の場合、失明してしまう可能性もあります。

通販で激安に購入できるカラコンもありますが、
品質が一定していないものもあるようです。
装着した時に違和感があったら使用しないようにしましょう。

もったいないと思うかもしれませんが、
目に傷がついたりしてしまった場合は、
もっと高額な治療費が必要になってしまいます。

激安の商品は、ある程度の割り切りで
購入したほうがいいと思います。

スポンサーリンク


初心者がカラコンを選ぶときの注意点

カラーコンタクトレンズにはいろんな商品があって
どれを選んでいいのか分からないという人もいると思います。

そこでカラコンを選ぶ時に確認するべき項目を紹介します。

レンズ直径(DIA)

これはカラーコンタクトレンズの大きさです。
カラコンのパッケージに表記されています。
通販で購入するときも商品の詳細のところに掲載されています。
初めてカラコンを付けるのであれば、
できるだけDIAが小さいものを選ぶようにしましょう。

レンズ直径が大きいと瞳を覆う面積も大きくなります。
そのため、酸素不足になりやすくドライアイになってしまう
可能性が高くなります。

初心者の場合は、小さいサイズから試していって
問題なければDIAが大きいものを試すというステップを
とった方が目のトラブルが起きにくいでしょう。

とはいっても、目の負担を考えればDIAが小さいものがおすすめです。
また、初心者にとってはレンズ直径が小さい方が装着しやすいです。

関連記事
ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの比較
コンタクトレンズの正しい付け方と外し方の動画も紹介

着色直径

カラーコンタクトレンズの色が付いている範囲です。
これが大きいほど黒目部分が大きくなります。

ミリ単位で印象が変化しますので、
ナチュラルに見せたいのであれば小さいサイズがいいでしょう。

いくつか着色直径の違うカラコンを試して、
自分に合ったものを選んでください。
できれば、客観的に見てくれる友人などに
印象を聞いたほうがいいですね。

ベースカーブ(BC)

レンズの球面の形状です。
BCの値が大きいほどユルイ球面のレンズになります。

残念ながらベースカーブ(BC)は自分で測定することはできません。
眼科できちんと測定してもらってください。

ベースカーブが合っていないカラコンを付けると
ゴロゴロするような違和感があったり、
目に傷が付いてしまうこともあります。

コンタクトレンズの購入が条件で
ベースカーブを測定する(処方箋を出す)眼科もありますから、
受診するときは事前に確認したほうがいいでしょう。

雑記
スポンサーリンク
snowblink